比較してみる

tickets

3年制リハビリ専門学校に向いている人は、進学校の出身で基礎学力にはある程度自信のある学生です。スケジュール管理ができ、スピードの早い授業でも、要点がつかめる学生向きです。更に、リハビリ専門学校は、4年制リハビリ専門学校があります。卒業次に得られる称号「高度専門士」です。ほとんど四年という場合において、大学卒業と同じ程度のみなされ方をしています。ここで学ぶ勉強の内容は、各学校によって若干異なりますが、1年次には、「教養基礎」を勉強して、2年次には「専門基礎科目」を、そして3年次には「専門科目」を勉強して、3年間の知識を元にして4年次に実習に入っていきます。

リハビリ専門学校を卒業して、国公立病院への就職などをします。そのとき、四年制の場合、大卒とほぼ同等の称号としてみなされ、三年制とは、初任給、昇給に差が出ることが多いようです。ただし民間病院では給与差はそれ程でないとも言われていますが。

変わらないとも言われていますが、やっぱり、3年制の学校よりも給与が高くなる傾向はあると考えた方が良いでしょう。三年制の場合、実習年度を除く2年間ですべての重要科目を学ぶことになるため、学生たちには負担が多いという声もあります。